SNOW SEASON

ニセコモイワスキーリゾート新型コロナウイルス感染予防の取組

ニセコモイワスキーリゾートでは、お客様に安心してスキーリゾートをお楽しみいただくため、新型コロナウイルス感染症予防の取り組みを実施致します。
お客様のご協力をお願い致します。

<お客様へのお願い>

① 館内ではマスクの着用、アルコール消毒をお願いします。
② リフト乗車中は、ゴーグル、グローブ、フェースマスク(マスク)等の着用をお願いします。
③ 券売所、乗り場周辺、待機列ではソーシャルディスタンスを確保するために、一定の距離(2m程度)を開けて並ぶようにお願いします。
④ モイワ第1、第2ペアリフトは、グループ以外での乗合を禁止するとともに、モイワクワッドリフトについてはグループ以外で乗り合う場合は、1席以上間隔を空け、前を向いて乗車して頂くことをお願いします。
⑤ ゲレンデ内ではスペースを確保の上、滑走をお願いします。

<ニセコモイワスキーリゾートの取り組み>

施設に関する対策
1. 索道施設
① 改札係員・乗客係員はマスクを着用しております。
② リフトは、運行終了後に落下防止用バー等の消毒をしています。(運行中は危険なため)
③ モイワ第1、第2ペアリフトは、グループ以外での乗合を禁止するとともに、モイワクワッドリフトについてはグループ以外で乗り合う場合は、1席以上間隔を空け、前を向いて乗車して頂くことをお願いしております。
④ 乗り場周辺、待機列ではソーシャルディスタンスを確保するために、一定の距離(2m程度)を開けて並ぶようにお願いしております。

2. 券売所
① 待機列はソーシャルディスタンスを確保するために、一定の距離(2m程度)を開けて並ぶようお願い致しております。
② チケット購入者との間には、飛沫防止シート(アクリル板等)等を設置しております。
③ チケット販売の際は、チケットや紙幣・釣銭等が購入者と直接触れあうことを防ぐため受け皿等で受け渡しをしております。

3. 屋内施設(レストラン・売店・レンタル等)
① 施設の入口、主要な場所に消毒液を常備しております。
② 客席の使用率を制限し、座席の間隔についてはソーシャルディスタンスを確保しております。
③ 食券、メニュー受け渡しコーナーには飛沫防止シート等を設置しております。
④ 提供する料理・提供方法については、できる限りの感染拡大防止に努めております。
⑤ お客様が利用するテーブル・イス等、また、券売機・トイレ・手すり等々については定期的に 清掃・消毒をしております。尚、トイレのハンドドライヤーは使用停止としております。
⑥ レンタルウェア等の貸出し備品等についてはアルコール消毒を徹底しております。

4. スキー場のパトロール隊
① 負傷者等の搬送で使用した救助用ボート等は使用後、消毒しております。

従業員に関する対策
1. 健康確保
① 従業員に対しては、新型コロナウイルスの感染が疑われる症状の有無を毎日出勤前に確認(体調管理シート)し、報告しております。特に、お客様と接する機会の多い券売所係員・改札係員・ 車掌係員については、始業前点呼時に確認を徹底しております。
② 従業員は、常に健康な身体でお客様に接することが肝心で、①を踏まえ体調が思わしくない従業員には休むように指導しております。
また、勤務中に体調が悪くなった従業員には、必要に応じて直ちに帰宅させます。
③ 自宅で療養することとなった従業員には、毎日、健康状態を確認させるとともに報告させます。症状に改善が見られない場合は、医師や保健所への相談を指示します。

2. 勤務
① 索道業務に従事する従業員に対し、業務内容に拘らず、定期的な手洗い・手指消毒を徹底しております。
② 全従業員に対し、勤務中はマスク等を着用させております。
③ 建物内(個別の部屋含む)の換気に努めております。
④ 他者と共用する物品や手が触れる運転室の操作スイッチ類は、利用頻度に応じて消毒しております。
⑤ 従業員が2m程度を目安に一定の距離を確保できるように、作業空間と人員配置について最大限の配慮をします。
⑥ 朝礼や点呼は小グループで行うなど、一定の人数が一度に集まらないように配慮します。

3. 休憩施設・備品等
① 休憩室・食堂等を使用する際は、入室前に手洗いや手指消毒をする。
② 休憩室は定期的に換気をするとともに、2m程度の距離を確保する等、3密(密閉・密集・密接)を防ぐことに努めております。
③ 食堂等で飲食する場合には、時間をずらす、イスを間引く、対面で座らないなど2m程度の距離を確保するように努めます。
④ トイレではハンドドライヤーの利用は止め、ペーパータオル等を設置するか、個人でタオルを持参します。
⑤ 共有する物品(テーブル・イス等)は、定期的に消毒します。

4. 従業員に対する感染防止対策の啓発等
① 従業員が、感染防止対策の重要性を理解した上で日常生活を含む行動変容を促します。
② 感染者・医療関係者・海外からの帰国者とその家族の人権に配慮します。
③ 新型コロナウイルス感染症から回復した従業員やその関係者が、職場内で差別されることなどがないよう、従業員に周知啓発し、円滑な職場復帰のための十分な配慮を行います。


① 保健所・医療機関の指示に従います。
② 従業員が感染した旨を速やかに北海道運輸局鉄道部に報告します。
③ 感染者の行動範囲を踏まえ、感染者の勤務場所の消毒や同勤務場所の勤務者の自宅待機などの対応を検討します。
④ 感染者の人権に配慮し、個人名が特定されることがないよう留意します。
⑤ 衛生管理責任者と保健所との連絡体制を確立し、保健所の聞き取り等に協力します。

ニセコモイワスキーリゾートは新北海道スタイルのガイドラインに準じて新型コロナウイルス感染の予防に取り組みます。

Top