fbpx

モイワについて

北海道のなかでもっとも良い雪質を誇るニセコは、極上のパウダースノーで世界的に知られています。
なかでもモイワは積雪量が多く、たくさんの愛好家や地元に住む人たちに愛されています。

今も昔のままの自然を残すモイワは絶景も楽しめ、晴れた日に見る羊蹄山は格別の美しさです。

2019/2020 ウィンターシーズン 営業時間

2019年12月1日(日)- 2020年4月5日(日)
まで毎日営業致します。(営業時間 8:00-16:00

*降雪、ゲレンデの状況により予告なく変更になる場合があります。

  • オンシーズン:2019年12月21日から2020年2月末日
  • オフシーズン:2019年12月1日 – 12月20日 / 2020年3月1日 – 3月22日
  • ファイナルシーズン:2020年3月23日から2020年4月5日
  • スキー場レストラン「モイワ食堂」営業時間:8:30-16:00
  • LODGE内レストラン「Raphael」営業時間:7:00-22:00
  • レンタル営業時間:8:00-16:30
  • 「Raphael」営業時間:7:00-22:00
  • スクール営業時間:8:30-16:00

Quad Lift クワッドリフト(4人乗り)

運行時間:9:00-15:30

Pair Lift#1 第1ペアリフト(2人乗り)

運行時間:8:30-16:00

Pair Lift#2 第2ペアリフト(2人乗り)

運行時間:8:30-16:00

ニセコモイワスキー場の歴史と特徴

モイワはニセコのなかでも歴史あるスキー場として知られ、その始まりは1919年(大正8年)頃と言われています。
当時はまだリフトもなく、スキーヤーたちは数時間かけて山を登っていました。

たぐいまれな雪質と豊富な降雪量、小さいながら末広がりの滑りやすいコースに羊蹄山の絶景。
自然の恵みを存分に味わえる最高のロケーションは、今も昔も変わりません。

多くの愛好家たちを魅了したモイワは、1966年(昭和41年)に「ニセコモイワスキー場」として正式に開業しました。
それ以来、モイワは極上のパウダースノー・リゾートとして、国内外のスキーヤーから親しまれています。

近年では、オーストラリアやヨーロッパでの人気が高まり、
「プライベート感覚で楽しめるゲレンデ」として多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れています。

これまで大規模なリゾート開発から逃れてきたモイワは、今でも大自然の美しさを堪能できる景観を残しています。
山を大切に思う気持ちや人々のやさしさはもちろん、スタッフの温かいおもてなしも昔のまま。

人の温かさは、モイワを愛してくれるスキーヤー、スノーボーダーを中心に栄えてきた、この土地ならではの大きな特徴です。

たくさんの人々に愛されるパウダースノー

上質なパウダースノーで世界的に知られているニセコ。
とくにモイワは積雪最大4mに達し、ときには腰まで積もることもあるパウダースノーを豊富なコースで楽しめます。つまり、パウダースノーを楽しむための究極の楽園ともいえるのです。

地元、海外の分け隔てなくニセコモイワスキー場のパウダースノーを愛するスキーヤーやスノーボーダーは、「早朝のモイワ」を楽しみます。積もりたての真っ白なパウダースノーを滑る快感は、何物にも代えがたいものです。

私たちは、モイワでしか経験できない、素晴らしいスノーライフの世界をご提供しています。

スキーもスノーボードも両方楽しめる場所

開業以来、モイワは多くのスキー・スノーボードのファンを増やしてきました。国際的なスキーリゾートとして、様々なイベントも開始しています。

多くのパウダースノー愛好者は、モイワをホームマウンテンとしています。また、この場所で多くの国際的なプロスキーヤー、プロボーダーが技術を磨いています。

広大なパウダースノーのフィールドは、初心者からプロまで、自由なスノーライフを提供し続けています。

子供たちに、自然とつながる経験を。

モイワはお子様も安心してスキーやスノーボードができる環境です。
モイワのメインバーンは、ボトムからトップまで広く見通せるコースです。そのため、他の利用者を意識することなく安全に滑ることができます。

ビギナーの方やファミリーの皆さまでもリラックスして楽しめるバンビコースもございます。また、お子様向けのチケットもご用意しております。

ふわふわのパウダースノーは転んでも痛くありません。本物のパウダースノーをお子様にも経験していただき、美しい自然と触れ合えることをスタッフ一同願っております。


施設とサービス

ニセコモイワスキー場チケットカウンター

チケットカウンター

シーズン中、センターロッジ内のチケットカウンターでは、毎日午前8時からリフト券が購入可能です。オンラインでリフト券をご購入されたお客様は、こちらでお受け取りください。

現金、クレジットカード、PayPayが利用可能です。

モイワ食堂の焼き立てピザ

レストラン(センターロッジ)

センターロッジ2階のレストラン「モイワ食堂」からはゲレンデが一望でき、美しい景色を楽しみながらお食事をお楽しみいただけます。

ニセコモイワスキースクール

スキー・スノーボードスクール

モイワの地形を知り尽くし、パウダースノーの滑り方を熟知したインストラクターが指導いたします。お客様のレベルに合わせて教えるプライベートレッスン、初めてスキー・スノーボードを経験されるお客様に向けた、基本的な技術を教えるファミリーレッスン、さらに、ワンランク上を目指すお客様を対象に、パウダースノーを滑りこなすためのパウダーレッスンなど、様々なご要望にお応えする、多様なメニューを取り揃えています。

レンタルスキーショップ

レンタル

スキー・スノーボード・ウェアは、最新モデルを揃えてお待ちしています。
他ではあまり取り扱っていない、パウダースノーに対応するパウダースキー・パウダーボードもご用意しております。

安全を確保するため、滑走時にはヘルメットの着用をお勧めしており、ヘルメットのみのレンタルも承ります。

ロッジ モイワ 834

ホテル「LODGE MOIWA 834」

ニセコモイワ山麓に位置し、壮大な山々を臨むスキーイン・スキーアウト可能な新しいタイプのカプセルホテルです。

リーズナブルにニセコでのスノースポーツを楽しみたいお客様でいつも賑わい、情報交換の場となっています。

ロッジ モイワ834内レストラン

レストラン「Raphael」

Lodge Moiwa834内のカジュアダイニングを提供するレストランです。TEXMEX、イタリアンを中心としたボリュームたっぷりのおいしい料理とお酒、コーヒーを用意してお待ちしています。

モイワ山を一望するRaphael でLodge Moiwa 834に滞在のお客様はもちろんのこと、スキー場を訪れた方全員がウィンタースポーツ後に、疲れた身体を癒すひと時をお過ごしください。


アクティビティー・周辺観光

雄大な山々に囲まれたモイワには、たくさんの自然の恵みがもたらされています。

北海道の海の幸、山の幸を堪能できるレストラン、スキーで疲れた体を癒してくれる昆布温泉や五色温泉など、
スキー以外にも楽しめる場所が多くあります。
ぜひ、モイワを訪れた際は、地元の料理や温泉をお楽しみください。

ニセコミルク工房

ニセコミルク工房(株式会社高橋牧場)

ニセコのキレイな水と空気、大地の恵みを受け、土づくり・草づくりからこだわった牧場の新鮮な牛乳たっぷりのスイーツが楽しめます。

道の駅ニセコビュープラザ

道の駅ニセコビュープラザ

テイクアウトグルメやニセコ産食材を取り入れたお土産が豊富です

甘露の水

甘露の水

ニセコの自然湧水です。終戦後、昭和天皇、皇后陛下がご巡遊された際、お召し上がりになった湧水を「甘露である」とおっしゃったことから、この名が名づけられました。

ニセコ五色温泉

五色温泉

ニセコ五色温泉とも呼ばれ、硫黄を多く含んだお湯は滑らかで、肌に優しい泉質です。湯冷めしにくい美肌の湯です。

昆布温泉

昆布温泉

ニセコ町と蘭越町にまたがった場所に位置する、ニセコ最大の温泉郷です。この地域の旅館やホテルは自家源泉を有し、豊富な湯量を誇ります。

マッカリ温泉

マッカリ温泉

ニセコモイワから車で30分。目の前に羊蹄山がそびえ立つ真狩村の温泉はその雄大な景色で有名。源泉掛け流しの美人泉質とも言われる「硫酸塩泉」と「炭酸水素塩泉」の泉質を混ぜ合わせた温泉。

蘭越温泉 幽泉閣

蘭越温泉 幽泉閣

昭和33年から蘭越町で営業している温泉施設です。肌がすべすべになることから、美人湯温泉として有名です。

NAC

NAC

冬はスノーシューツアーや雪のなかのアドベンチャーパークをお楽しみいただけるアクティビティセンターです。夏はフリークライミングやラフティングができ、通年を通して自然遊びを堪能できます。

バックカントリー

バックカントリー

バックカントリーとは、スキー場の管轄外の場所のこと。自己責任が問われますが、人の手が加えられないありのままの雪を楽しめる、パウダースノーパラダイスです。バックカントリースキーには装備、スキル、知識、経験が必要です。ニセコルールの遵守とガイド会社のご利用をお勧めいたします。


Top